2016年06月13日

3月17日の泉小学校、中学校のいけばな教室

1465827452213.jpg1465827470107.jpg
以前に泉小学校で放課後学習アドバイザーを務めていた関係で、藤本校長からの依頼で卒業式に飾るお花を指導いたしました。
小学校の卒業生と中学校の卒業生にアレンジメント、いけばなの手解きをして
、成長した生徒との再会も楽しく過ごしたひとときでした。
因みに、熱海新聞に掲載されました。
ご報告まで。
posted by 大澤一煌 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記載できなかった華展作品


1465826481024.jpg1465826510070.jpg
新宿パークタワーでの(百花繚乱展)
花材*リキュウバイ、リンショウバイ、ヤマブキ、シャクヤク。

藤沢(春のいけばな諸流展)
クルメツツジ、ハナショウブ
posted by 大澤一煌 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

銀座(書といけばなの出会い展 )No.2

1465540465353.jpg1465540504837.jpg1465540543360.jpg1465540568111.jpg1465540610643.jpg
作品の一部です!
posted by 大澤一煌 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座(書といけばなの出会い展)

1465538042615.jpg1465538274881.jpg1465538294827.jpg1465538394180.jpg
梅雨に入り、雨に冴えるアジサイが耀く艶やかな季節はとなりました。
セントラルミュージアム銀座での(書といけばなの出会い展)が大勢のお客様で賑わい閉会となりました。皆様のご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。
書道と華道とのコラボは、同一会場ではありますが、書とお花で一つの日本文化の世界は、書体、意味などを踏まえた華展では味わえない快味でした。
因みに、書は(華舞)です。
高さ制限があるので、ツツジを横にオブジェ的に使用して、メインのお花はカトレア!動きのあるサンキライを用いました。カラー、ブバリアと細かいスターチスでボリュームを出した作品です。
posted by 大澤一煌 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

華展お知らせ

1463919339916.jpg
第34回 書といけばなの出会い展
会場 セントラルミュージアム銀座
(紙パルプ会館5階)

5月24日〜5月29日
27日〜29日まで出品いたします。
書道と華道のコラボレーション!
是非、お時間のある方はご高覧下さいませ。新宿での私の作品をご覧になられた先生のご推薦で、出品する運びとなりました。

ご無沙汰しております。
華展が続き、疲れから風邪で高熱のためにダウンしてしまいました。ブログ再開しますので、宜しくお願いいたします。
掲載しておりませんでした作品も、少しずつ載せていきます。
posted by 大澤一煌 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

伝承生花展 轡留め

1457969176556.jpg1457969190590.jpg1457969207128.jpg1457969221538.jpgPAP_0055.JPG
轡留めを幾つか掲載します。
花留めの代わりに 、馬具の轡をいろいろな形になるように組む技術です。
戦国時代に、千利休が轡で馬だらいに花を活けたといわれる伝承されてきたいけかたです。最後の写真が組む前の轡です。
形は、鳩、蟹、水鳥、蝶々です。
因みに、鳩でミリオンキスと言う名前のミニカトレアをいけました。
posted by 大澤一煌 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伝承生花展

1457967089492.jpg1457967108751.jpg1457967228890.jpg1457967304940.jpg1457967321045.jpg
お陰様で伝承生花展を滞りなく終了することができました。ひとえに、皆様のご支援の賜物と感謝を申し上げます。
いけばなの展欄会場では、お生花と現代花が入り交じる構成になりますが、お生花だけの作品に統一感があり、落ち着きますとのご遠慮がありました。花衣桁、轡留めなどの日本文化を紹介しました。大きな反響を頂きました。
東京から、インド舞踊家の青年もおみえになり華を添えて頂きました。
posted by 大澤一煌 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
かわいい松煌古流ホームページ
まだ工事中です。今後、華道教室の写真・スケジュールや、華展の作品を載せていく予定です。
かわいい「朝日カルチャーセンター湘南(藤沢ルミネプラザ9階)」でも教室をやっています。男性向け教室もあります。
かわいい男の華道・男の生け花blog
男の華道・男の生け花ブログです。