2015年06月26日

アジサイ

1435308049480.jpg
アジサイのこと!
アジサイ科アジサイ属
古くは、ユキノシタ属でした。
シーボルトがつけた(オタクサ)でも有名です。 シーボルトの(フローラ,ヤポニカ)を解説した日本植物誌が面白く興味のある方はぜひ書店でご覧下さい。因みに、我が家にもあります。
ということで、アジサイの季節到来!
我が家のアジサイを木製の手桶花器に活けました。
水あげ方法は、朝方に切り、直ぐたっぷりの水の中に入れておきます。花屋さんから買い求めた場合は、切り口にミョウバンをつけてからたっぷりの水の中に入れておきます。
ガクアジサイをいけましたが、花が重すぎる大きなアジサイは、程よくとりすかしてから活けることです。
アジサイは、日本原産の落葉低木。
セイヨウアジサイは、日本のアジサイがヨーロッパで品種改良されたものです。
皆様も一輪いけてみましょう!
コップでもおどんぶりでも、身近にあるものにいけてみませんか!
posted by 大澤一煌 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

山野草No.2

1430666171358.jpg1430666190565.jpg1430666217953.jpg1430666239015.jpg真夏日です。連休半ば、如何お過ごしでしょうか!家の山野草も真夏の日差しで、どんどん成長しています。
ヤブレガサは、傘をいっぱいに広げており、ホウチャクソウは、うつむき加減に祖そと咲き、ハナイカダは、花を咲かせ摩訶不思議な世界を見せてくれます!
更に、我が家でウラシマソウを発見しました。
サトイモ科で、浦島太郎が持っている釣竿の釣糸に見立てて、和名をつけたといわれています。美しい花ではないけれど、面白い表情をしているので興味深い植物ですね!自然界は、不思議なことが多く楽しくなってきます。また、発見があれば、ご報告しまーす。
posted by 大澤一煌 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

もも色の樹木

1429969286188.jpg1429969296435.jpg1429969308110.jpg1429969319761.jpg春も半ば、我が家の木にもも色の花が咲き始めて明るくなり、気分はウキウキ!
ハナカイドウとハナズオウです。
ハナカイドウ*バラ科リンゴ属 中国産
漢字で海棠と書きます。棠は、梨のことで、海棠とは、海外から来た梨と言う意味です。
ハナズオウ*マメ科ハナズオウ属 中国産
花の咲く時期は4月から5月で、葉を出す前に葉の付け根に蝶型の花がまとまって咲きます。花後にキヌサヤインゲンに似た豆鞘がたくさん垂れ下がり、熟すると褐色になります。
新緑の中のもも色、コントラストが絶妙の季節に感謝!
posted by 大澤一煌 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

山野草その後、ヤブレガサ、ハナイカタ、ホウチャクソウ

1429341000975.jpg1429341017371.jpg1429341136440.jpg日差しが強くなりました!
眩い太陽の日を浴びて、我が家の山野草が元気に育ちましたので近況報告です。
ヤブレガサは、傘をいっばいに広げ
ハナイカタとホウチャクソウは、開花間近です。太陽の恵みを感じた一日でした。
また、様子をお知らせします!
posted by 大澤一煌 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

ヤブレガサ

1427896271099.jpg今日、ヤブレガサが開き始めました。番傘を広げた形になり、面白い風情!まだまだ広げていきます。
自然界は、不思議!興味深く楽しませてくれます。
posted by 大澤一煌 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

春の芽吹き

1427521827299.jpg1427521839492.jpg1427521854612.jpg1427521865871.jpg
庭に芽吹きの季節か訪れています。
ヤブレガサは、キク科の多年草で若葉がかさをつぼめたような形で現れて、徐々に拡がりかさのようになります。
ハナイカダは、ミズキ科で名前の由来は、葉を筏にたとえたもの。芽吹きの時から筏にたとえたお花の蕾があります。驚きです!5月ごろには開花して情緒のある不思議な植物です。毎年、楽しみにしております。
最後の細い茎は、ホウチャクソウです。白い可憐なお花がさきます。
また、季節の変化をお知らせします。
posted by 大澤一煌 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

9月9日 重陽の節句

重陽の節句 作品.jpg重陽の節句        松旺斎   大 澤 一 煌
重陽 
 五節句の一つで、九月九日のこと。陽数の極である九が重なる吉日として重陽
(重九)といわれ最も重んじられた節句です。
 「菊の着せ綿」・・平安時代から、九月八日に菊の花を真綿でおおい菊の香を
移し、重陽の朝に霧に湿った真綿で顔をぬぐうと長寿を得るという習慣があります。
五節句
 人日(じんじつ)・・・一月七日
 上巳(じょうし)・・・三月三日
 端午(たんご)・・・・五月五日
 乞巧(きっこう)・・・七月七日(七夕)
 重陽(ちょうよう)・・・九月九日

重陽の節句の花
  九月九日の「九」にちなんで、菊九本、つまり白の菊三本を天位に、黄の菊
三本を人位に、赤の菊三本を地位に配し、一瓶に活け合わせる伝承されてきた行
事花です。

 なお、五色の菊、つまり白・赤・黄・の三色の花と青の葉、水あるいは花台を
黒として、合わせて五色としての活け方もあります。
   
posted by 大澤一煌 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
かわいい松煌古流ホームページ
まだ工事中です。今後、華道教室の写真・スケジュールや、華展の作品を載せていく予定です。
かわいい「朝日カルチャーセンター湘南(藤沢ルミネプラザ9階)」でも教室をやっています。男性向け教室もあります。
かわいい男の華道・男の生け花blog
男の華道・男の生け花ブログです。