2014年10月04日

簡単!栗の渋皮煮

1412404783950.jpg作り方
*1、さっと水洗いした後、栗の渋皮を剥く。(熱湯に10分位浸けると皮をが剥きやすい。)
*2、栗の一%の重曹を入れ、15分位茹でる。(重曹は無しでも良い。)
このお湯を捨てて、余分な渋皮を綺麗にする。傷んだ栗も取り除く。
このあとに、茹でてはお湯を捨てるという工程、ゆでこぼしを7回から9回繰り返す。ゆでこぼすことで、渋味がとれていく。
*3、栗とひたひたの水、栗の重さの半分の砂糖を二、三回に分けてゆっくりと煮る。
*4、火を止めて冷ます。
もう一度火にかけて、煮詰める。煮詰まりすぎた時には、水を加えて煮汁がトローリとなるようにして、煮汁ごと冷蔵庫で保存。一週間は、日持ちします。お手軽に、美味しい栗の渋皮煮が完成。 季節感を味わいながら、秋の夜長の読書のお供にどうぞ!日本酒にもぴったり!
posted by 大澤一煌 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

スコウプルーン

1411916464781.jpg1411916474156.jpg赤トンボ、虫の音とともに秋模様になってきました。さて、友人から山梨のプルーンが届きました。それは、見事な大きなプルーンです!姫りんご位の大きさに驚いています。このちな農園は、有機栽培で風味にもこだわり間違いのない商品が届きます。勿論、このプルーンもジューシーで甘酸っぱくて絶品です。実りの秋です!
posted by 大澤一煌 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

梅干・ラッキョウ

P1490385.JPG
P1490386.JPG

我が家は山の中腹、樹木に覆われて心地よい風が吹き暑さも感じない爽快な気分
でした。
友人二人が遊びにきましたので、下界に下りて海岸線をドライブしながら函南の
「姫沙羅」にうなぎをいただきにいきました。こちらのうなぎは絶品なのでお勧
め店です。ちなみに、国産の鰻使用です。
さてさて、過日に3時間半もかかって作りました冷蔵庫で眠っていましたラッ
キョウ、食べごろになりました。薄くスライスすれば、お酒のおつまみに最高で
す。!
梅干は、毎日袋ごと前後にかえして冷蔵庫の中です。
今日の状態はだまだ黄色にならず、しばらくの間は冷蔵庫で前後左右に袋を返し
ながらの作業です。

ご近所から菖蒲をいただいたので、我が家の片隅にある木賊とあわせて涼しげな
いけばなをいけてみました。
ま、今日はこの辺でおやすみなさい。
posted by 大澤一煌 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

梅干し作り

KC3R02010001.jpgKC3R02020001.jpg梅雨時なのに雨の少ないこと〜完熟梅を頂きました。早速梅干し作り、さっと荒い、へたを優しく取り、水気をきる。梅1キロ、塩100グラム(1パーセント)をビニール袋に入れ混ぜる。冷蔵庫に入れて、時々混ぜる。あとは、梅雨明けに干す。簡単に出来ます。お試しあれ・・
posted by 大澤一煌 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

かぶのピクルス

KC3R01940001.jpg頂き物の朝収穫したばかりの新鮮な「かぶ」でピクルスを作りました。米酢、同量の水、砂糖、塩、赤唐辛子、ローリエ、イタリアパセリをひと煮立ちさせて、冷ましたあとにかぶ、ニンジンを入れるだけ(パセリは捨てる)。2、3日後が食べ頃で簡単。
posted by 大澤一煌 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

ランチ

KC3R01790001.jpgエビにイタリア産のお塩をふり、オープン焼き。レモンをかけて頂き、素材の良さを味わいました。OK!
posted by 大澤一煌 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

桜エビ

KC3R01730001.jpg大量の桜エビを頂きましたので、おだしとお酒と鰹ぶしで炒りにして、庭の山椒の葉を入れて春の香りのふりかけ。美味「!!」
posted by 大澤一煌 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
かわいい松煌古流ホームページ
まだ工事中です。今後、華道教室の写真・スケジュールや、華展の作品を載せていく予定です。
かわいい「朝日カルチャーセンター湘南(藤沢ルミネプラザ9階)」でも教室をやっています。男性向け教室もあります。
かわいい男の華道・男の生け花blog
男の華道・男の生け花ブログです。