2015年08月19日

お茶花 (ムクゲ)

1439959596091.jpg1439959611374.jpg1439961267470.jpg1439961280881.jpgご無沙汰いたしております。
立春もすぎ、秋めいた涼風がたちはじめて、お花も心なしか元気になってきました。ミズヒキ、ムクゲが庭で咲き誇っています。その二種類を使用して床の間にお茶花をいけました。
因に、藤沢カルチャー湘南(一花一枝)のなかでお茶花を教えています。
ムクゲは色鮮やかな紫色の八重を挿し木しましたところ、二年めで開花しましたが何と濃いピンクいろ、何があったのでしょう!摩訶不思議。
ムクゲは、紫色が親木で赤色が挿し木で開花したお花です。挿し木で増えていきますよ。生徒に差し上げています。
ムクゲ アオイ科フヨウ属
夏のお茶花として、欠かせないお花です。白の一重花に 中心が赤い底紅
種は、千宗旦が好んだことから(宗旦木槿)とも呼ばれます。
posted by 大澤一煌 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 華道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

線とマッスの組み合わせ

1436257731187.jpg1436257741727.jpg1436257752664.jpg梅雨明けの待たれる昨今です。雨に濡れるトクサが、庭で元気に増えています。
美しい線のトクサと主張のあるマッス的なユリを組み合わせて、花材費ゼロの作品を活けてみました。
トクサ *トクサ科トクサ属
砥石に似て茎でものを研ぐことが出来ることから、砥草ともよばれます。
posted by 大澤一煌 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 華道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

2パターンの活けかた!バラ

1434085976002.jpg1434085990934.jpgお久し振りです。梅雨に入り木々の緑がしっとりと濡れた景色のなか、ゆったりと過ごしております。
さて、バラを2パターンで活けました。
左側は、数多く入れた(西洋)のいけかたで、
右側は、3本の(日本)のいけかた。
比べて分かるように、西洋は花材を増やすプラスのいけかた、日本は数少なく、葉も少なくするマイナスのいけかたで、空間の美を求めます。
このような異なる「いけばな」のスタイルが発達した背景には、花材の豊富なアジアと花材の少なかったヨーロッパとの自然条件の違いからです。
花材が豊富だからマイナスの美が生まれ、少ないから数多く入れるプラスの世界が生まれたと言えます。
近年は、ヨーロッパでの品種改良によりヨーロッパにお花が溢れており、日本に数多く輸入されています。
因みに、黄色のバラの花言葉は、友情・可憐です。
posted by 大澤一煌 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 華道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

カキツバタとジャーマンアイリス

1430919989685.jpg行楽日よりの連休でした。
御近所の方が、ご自分で栽培なさっているカキツバタとジャーマンアイリスを届けて下さいました。みずみずしい、色鮮やかなお花で感謝です。
さて、異質の花材なので、株分けと言う伝承されてきたいけかたで、作品を完成!
株分けとは、水盤のような広口の花器に、2ヵ所か3ヵ所、それぞれの花型を取り合わせて活けることです。
ちなみに、ジャーマンアイリス か大きいので右勝手で前方に、カキツバタは左勝手で後方に活けて風情をだしました。
水盤の中のお花の置き場所には、バランスを考えながらのいろいろなバリエーションがあるため、自分の個性をだすことができ楽しく活けられます。
posted by 大澤一煌 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 華道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月29日

お正月花

1419777960956.jpg1419777969736.jpg1419777980827.jpgお寒いこと!今年も残すところあと三日です。この忙しい最中に、なんと風邪をひき喉が痛くて辛いです。皆さまは、どのようにお過ごしですか。
28日にお正月のお花をいけました。
くれぐれも29日は避けましょう。9は、苦に通じるからお花、お餅などお正月用品はしないと言われています。ま、縁起かつぎだと思いますが、私は守っています。という次第て、五葉松とデンドロビームを活けました。デンドロビーム1本を二本に分けたので、不用な下の2つのお花を別に活けて窓際に置きホットひと休み!、
前にある水引は、30本束ねて蓬莱結びです。
水引について!
水引には、陰陽があり向かって左が陰で右が陽です。陰は白や銀などの淡い色で、陽は赤、黒、金などの濃い色です。
従って、左が薄い色になります。
posted by 大澤一煌 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 華道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

轡留めめのいけかた!

1418827381705.jpg1418827518831.jpgお寒い1日でした。寒さにもめげずに、馬具の轡を組んでアイリスを活けてみました。
花轡は、相阿弥が義政公の命を奉じ軍中の徒然なるままに馬盥に轡もて紅葉をいけしとなり、めた、千利休が陣中にて秀吉公の命により馬盥に轡を用い燕子花を2株いけたりと云えり、このほかにも説2、3あれどさだかならず。
古流生活口訣抄より
花轡の組み方は、鶴、亀、海老、蟹、御所車など色々な組み方があります。因みに、この作品は、羽を広げている鳩です。花轡は、伝承されてきた日本文化で、粋な心遣いを感じる世界です。
近いうちに、ユーチューブで組み方をご披露しますね!
posted by 大澤一煌 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 華道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

いけばな百段階段

1400382495764.jpg1400382517114.jpg1400382570735.jpg目黒雅叙園で(いけばな百段階段)が開催されました。和のわび、さびの心息から洋のモダニズムと様々ないけばなが展示されて、感動がありました。建物の細工も素晴らしく、日本文化を感じたひとときでした。5/18までですが、時間がありましたらお出かけ下さい。
posted by 大澤一煌 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 華道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
かわいい松煌古流ホームページ
まだ工事中です。今後、華道教室の写真・スケジュールや、華展の作品を載せていく予定です。
かわいい「朝日カルチャーセンター湘南(藤沢ルミネプラザ9階)」でも教室をやっています。男性向け教室もあります。
かわいい男の華道・男の生け花blog
男の華道・男の生け花ブログです。