2018年04月04日

春の息吹

DSC_0355.jpgP_20180331_140927.jpgP_20180325_133135.jpgP_20180325_134601.jpgP_20180325_133015.jpg
4月は年度変わりで、いろいろな旅立ちやスタートがある。自然界もしかり!
桜吹雪の中をドライブ出来る幸せを感じる。さて、自然界も芽吹き時。
我が家にも、ヤブレガサ・ハナイカダ・ヒューガミズキ・キフジ・ショカッサイなどが咲き始めて目を楽しませてくれる。ただ、庭が山の斜面にもあり、獣道が・・・おおこわい!
でも、自然豊富な地域で愛着がある。
posted by 大澤一煌 at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

いけばなで卒業式を飾る

P_20180322_093624.jpgP_20180327_164411.jpgP_20180327_162403.jpg
春爛漫!暖かい陽気で桜、コブシ、レンギョウ、トサミズキ、ミツマタ等が一気に開花。山々の景色が色とりどりで、ワクワク気分です。
さて、3月20日の卒業式に飾るいけばなを、前日の19日に小学生・中学生の生徒たちに指導する。特に、中学卒業生は、小学生二年生から学習指導アドバイザーとして、携わってきた顔馴染みで感無量。
座学も取り入れて、いけばなとは・・・
いけばなとアレンジメントの違いなど花に関する講義も含めて学生たちと、楽しい1日を過ごす。
posted by 大澤一煌 at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

社中の花轡

P_20180319_145201.jpgP_20180319_141026.jpg
生徒のレッスン日、花轡の鳩・御所車を練習しました。見ているより、実技の難しさを感じたとのコメントでした。
お花の持ち味を生かす轡が楽しいとも・・・
花材を選ばない花轡の世界。
楽しみましょう
posted by 大澤一煌 at 20:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

花轡・・・御所車の作品

P_20180304_151700_HDR.jpg
花轡を御所車に組んだ作品です。
花材は梅です。
posted by 大澤一煌 at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花轡・・・御所車

ごきげんよう!
陽気が定まらずに、お花も開花時期を確かめるようにそわそわしている模様で、様々な姿の樹木たち。
熱海も春の陽気に誘われて、観光客で賑やかなこと!山々は、梅と桜の饗宴でピンク色です。
さて、今日は、花轡を御所車に組んで、桜に負けない香しい梅をいけました。
組み方もさることながら、お花を活ける技術力も必要。まずは、お花を活ける技術を楽しんで下さいませ。
華道の道は、奥深い。
活けることは、誰にでも出来る。
自分らしさをだすには、いけばなを楽しんで、その奥にある興味深いことを探すに尽きる。
では、ごきげんよう!
posted by 大澤一煌 at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

花轡

P_20180208_163247.jpgDSC_0984.jpgP_20180220_183142.jpgP_20180220_183518.jpgP_20171022_161151.jpg
花留めの技法の一つに轡留めがある。
くつわは、馬の口に含ませ手綱を付けて馬を御する金具である。それを花留めとして用いた。

1794年、太閤秀吉小田原の陣中にて花を得たもういえども花器なく、利休に生け方なきやと仰せになり、利休は馬盥にくつわをもって生けたところ、秀吉はおおいに賞美したことに始まる。(和泉屋弥四郎)・・・諸説あり
戦国時代に、美を楽しむ余裕!
この先人の美学に感銘。
お花を愛でる心の余裕を持ち、日々過ぎ去る時を大切にしたい。
くつわの組み方は、種々様々あり、楽しく研究。興味のある方には、対応します。
因みに、形は鳩。
posted by 大澤一煌 at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

蘇我梅林

P_20180302_160935.jpgP_20180302_161007.jpgP_20180302_160106.jpgP_20180302_160806.jpg
3月2日に神奈川県松田にある蘇我梅林を散策。歴史を感じられる古木に感無量!枝垂れ梅は、見事な設えで、まさに花の饗宴。某大使館、宮内庁からの樹木の要望があるとのこと。
なにせ、素晴らしいの一言。
因みに、蘇我兄弟のゆかりの地です。
梅園内のお店の梅干しも美味でお勧めです。見る価値あり。
posted by 大澤一煌 at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
かわいい松煌古流ホームページ
まだ工事中です。今後、華道教室の写真・スケジュールや、華展の作品を載せていく予定です。
かわいい「朝日カルチャーセンター湘南(藤沢ルミネプラザ9階)」でも教室をやっています。男性向け教室もあります。
かわいい男の華道・男の生け花blog
男の華道・男の生け花ブログです。