2018年06月27日

杏ジャム

P_20180626_130658.jpgP_20180626_130245.jpgP_20180626_133101.jpgP_20180626_134204.jpgP_20180626_153350.jpg
連日の真夏日、お暑いこと!如何お過ごしですか?
杏の収穫時期で、頼んでありました杏が入荷。生で頂いても美味しいのですが、酸味が少し強いので、新鮮だからこそジャムにしましたわ!
簡単なので、作って下さいませ。
この暑い時期にピッタリの甘酸っぱいジャムです。
レシピ
@杏は、洗い縦半分に切り込みをいれて半分にした後、フォークで種を取る。
Aさらに、半分に切りお鍋に入れてグラニュー糖を振りかけて、30分位おくと水が出てくる。
B少しの水(大匙3杯)を足して、中火で混ぜながら、焦がさないように、濃度をみながら煮詰める。

お砂糖は好みで入れる。杏の半分の分量。お砂糖は少なめで、あとから、味見しながら足したほうが失敗しない。

手作りのパンも焼き上がり、美味しく頂きました。至福のひととき!
因みに、飲み物は、マリアージュのエロスの紅茶!私の大好物です。
posted by 大澤一煌 at 00:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

我が家のアジサイ

P_20180617_120231.jpgP_20180621_121703.jpgP_20180621_121548.jpgP_20180621_121245.jpgP_20180621_121818.jpgP_20180617_120501.jpg
梅雨のつかの間の晴れ、去年切らずに身丈以上に育ち過ぎたアジサイを撮影!
大きく成りすぎ、やはり、手入れをしないと・・・
白、ピンク、青と見頃になり、その中でも白色のアジサイに魅了されています。
富士山周辺の白色のヤマアジサイを機会があれば見に行きたいですね。下田アジサイ園にある(伊豆の踊り子)紅色のガク咲き八重も・・・
アジサイ
原種は、日本に自生するガクアジサイ。
原産地は日本で、ヨーロッパで品種改良されたものはセイヨウアジサイと呼ばれる。
万葉集にもかかれているアジサイ(安治佐為)、化石も仙台市科学館・山形県立博物館・那須塩原(木の葉化石園)で見られます。
(アジサイ全国横断の旅)大友友三夫著
日本全国の変化ある種類が掲載されているお薦め書籍です。
日本原産のアジサイ、見に行きましょう!
posted by 大澤一煌 at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

銀座華展(よもやま話2)

P_20180524_190418.jpgP_20180524_190459.jpg
プロの写真家が作品を撮影して下さいました。古流作品の撮影は、難しいとも・・・花の影が出ない、花の色がとばないように、枝の線を生かすなどいろいろな作業過程を見ることができました。
プロの世界は、さすが!感動です。
作品が手元に届くのが楽しみ!
因みに、東京墨田区の小野勝弘先生です。
私も梅花空木の長い枝が倒れない工夫があります。斜めに傾き長い枝、花の重みで倒れます。倒れないための重力との戦い、そこに見えないワザが有ります。
日々努力。
今後とも、ご支援を宜しくお願いいたします。
posted by 大澤一煌 at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座華展(よもやま話1)

P_20180527_152746.jpgP_20180526_110527.jpg
お陰さまで華展を滞りなく閉会いたしました。皆さまのご支援の賜物と感謝を申し上げます。
流石に、終了後に疲れ果てて休憩してしまいました・・・
さて、書といけばなのコラボレーションについての事をお伝えします。
先ず、書道の写真と書家の先生のお名前、お軸の内容を頂きます。
そのお軸の内容に叶ういけばなを思考します。ですから、楽しい!
(利一)とは、(一を利す)即ち(萬を利す)。清冽な泉が萬物を包容する様をイメージした。というコメントを群馬大学教育学部永由龍雲教授から拝受しました。
故に、まず、お軸のサイズと書の意味合いから花器選びが始まりました。
(一)を芍薬の一輪で表して、後方にある梅花空木と泡盛升麻(鋳物のカニに活ける)を大ぶりの水盤に活けて、総てがこの芍薬一輪が征するとの発想で活けた結果です。勿論、水盤の中は小石で泉の流れも作りましたわ!
いけばなは、独自性があるので楽しい世界です。
posted by 大澤一煌 at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

銀座の和食(和もと)

P_20180524_193523.jpgP_20180524_200216.jpg
華展活け込みが終わり、和もとで夕食を頂きました。とても美味でオススメのお店です。マコカレイのうす造りの美味しかっこと。頂いたお料理すべてが美味しかった!三越の裏です。
posted by 大澤一煌 at 02:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書といけばなの出会い展

P_20180524_184937.jpgP_20180524_163949.jpgP_20180524_170703.jpgP_20180524_181412.jpgP_20180524_172638.jpg
セントラルミュージアム銀座において、明日からの華展のための活け込みをしてきました。社中の生徒が活け込みの様子を撮影。気づかない事でした!
もう少し気取れば良かったとの思いですが有り難い。 二時間の作業で、お花との楽しい対話を過ごしてかました。
夜もふけてきましたので、今宵はここまで!
posted by 大澤一煌 at 02:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

posted by 大澤一煌 at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
かわいい松煌古流ホームページ
まだ工事中です。今後、華道教室の写真・スケジュールや、華展の作品を載せていく予定です。
かわいい「朝日カルチャーセンター湘南(藤沢ルミネプラザ9階)」でも教室をやっています。男性向け教室もあります。
かわいい男の華道・男の生け花blog
男の華道・男の生け花ブログです。